蜂の危険を察知!駆除する前に覚えておきたい攻撃レベル

ハチ退治は目に見えないところにも必要になる

小さくても要注意!蜂の危険性を知ろう

小さい蜂だからと言って油断してはいけません。小さいからと安心して蜂を駆除しようとすると蜂の攻撃を受けるので十分注意が必要です。

スズメバチは死亡事例もある危険な害虫

自然界の危険生物、スズメバチ。実際にスズメバチに刺され亡くなる事例もあり、亡くなる方は毎年30名以上と言われています。最も攻撃的になる時期が9~10月です。巣があるのを知らないで近づくとスズメバチの大群に攻撃される可能性があるので、十分に注意が必要です。とくに倒木や樹液のある木に注意しましょう。

実際に蜂にさされた人の声

実際に蜂に刺された方は様々な恐怖を植え付けられています。普段何気ない生活の中でもスズメバチは攻撃を仕掛けてくるので注意が必要です。

玄関のスズメバチを駆除しようと思ったら刺された (33歳)

スズメバチの巣が軒下にあるのを発見。玄関近くで家族も出入りするところだったため、ひとまず業者に頼らず自分でハチ退治することを決めました。しかし、いざ、スズメバチの巣に近づくと威嚇攻撃をされてそのまま強行した結果、手の甲を刺される羽目に。痛みがひどく、応急処置をしてからすぐに救急病院に行きました。

蜂の巣の近くを通っただけで襲われた (38歳)

近所の家の壁や柱に蜂が群がっていて、たまたま通りがかったときに襲われました。住居の風呂場の天井裏に巣を作っており、壁に空いた大きな穴がスズメバチの出入り口となっていました。現場には狭い通り道があり、ぼく以外にもこの道を通り抜けようとした複数の人がスズメバチに襲われてしまっていたようです。

小さくても蜂はプロに駆除してもらうのが安心

蜂や蜂の巣を駆除する際、経験豊富な、蜂や家の構造などに詳しいプロにお願いすれば、使い慣れた専門の機械を使って蜂の巣を除去してくれるため、安全面でも信頼できます。業者のHPや口コミ情報、実際に問い合わせた時の応対等で、信頼できる業者か見極めましょう。また駆除後に、その時巣に居なかった蜂が巣のあったところに帰ってきたり、他の蜂がまた巣をつくってしまうこともあるため、一定期間のフォローサービスが受けられる業者もあります。そういった体制もしっかり整っている業者であれば、安心して除去を任せられます。

TOPボタン